敏感肌のメイク記事一覧

敏感肌だと、お化粧の方法にも悩むところですが、顔の洗い方一つで肌が荒れてしまうのも敏感肌の悩みどころだと思います。私も高い化粧落としを使ってもすぐ肌荒れしてしまうし、敏感肌だから流さないやつも怖くて使えない…と色々と試してきました。そこで普段の薄目のメイクの時なんかには特におすすめの、メイク落としの方法をご紹介したいと思います。使うのは、エクストラバージンオイル!つまり、オリーブオイルです。これを...


一番いいのはメイクをしないことかもしれませんが、身だしなみとしていつもスッピンと言うのは常識に欠けますし、女性ならばいつもきれいにしておきたいですよね。敏感肌でも肌の欠点を上手くカバーしてストレスフリーなメイク方法があります。それは、肌のアラ(シミや赤み)を消すことのみ重点を置くことです。コンシーラーで額と目の下、鼻、あごのTゾーンのアラを綺麗に消します。コンシーラーを指先でタップして丁寧に叩き込...


思いっきりメイクを楽しみたいけれど、敏感肌だから化粧品でかぶれてしまうのが心配。肌の赤みがすく出てしまうし、かゆみも出やすいので困っている。こんな風に、敏感肌の方は、さまざまな刺激に弱い肌質のため、メイクを楽しみたいと思っていても、チャレンジできないというケースが多々あります。しかし、敏感肌の方でも、ちょっとポイントをおさえておけば、化粧品でかぶれることなくメイクを楽しむことができます。まず、敏感...


敏感肌の状態は、人それぞれ違いますが、基本的にメイクをすることは肌に悪影響を与えてしまいます。できればメイクをすることは避けたほうがいいのですが、女性においてメイクをできないことは辛いことです。では、敏感肌でメイクをする基本的な注意点はどのようなことがあるのでしょうか。まず、メイクを行なう場合の基礎作りが最も大切になってきます。敏感肌の方は、乾燥している状態の方がとても多く、その上からファンデーシ...


敏感肌の方にとって、メイク選びは悩みの種です。敏感肌というと、何もメイクをしないほうが、肌の為にはいいと思われがちですが、ノーメイクだと、外部からの刺激を受けてしまい、敏感肌が悪化する場合があります。その為、肌の状態を確認しつつ、メイクをする事をお勧めします。しかし、かぶれや痒み、それに炎症が起きている場合には、保湿を与えるのみに留め、メイクはしない事です。そのような状態でなければ、化粧品選びさえ...